第178回会員研修会を開催しました。

  • 2019.02.02 Saturday
  • 15:57

<第178回会員研修会>平成31年1月26日開催

 

場 所 岩手県司法書士会会館 2階大研修室   
内 容 [第1講]「登記と税金、貸借対照表の見方」について       

                     講師:宮城県司法書士会 鈴木 忠夫 先生

            [第2講]「新たな定款認証制度」について

                     講師:盛岡公証人会 会長 佐藤 進 先生

 

 

 

 第1講では、司法書士業務、とりわけ登記業務を行うにあたって、避けることのできない税務に関する内容でご講義いただきました。

税金を踏まえて登記申請手続きをしないと、依頼者に予期せぬ税金の負担が発生してしまいますので、我々司法書士にもある程度税務についての知識は押さえておかなくてはなりません。

 

 鈴木先生は司法書士と税理士を兼業されているため、司法書士の目線で職務上必要と考えられる

税務の知識をわかりやすくお話しいただきました。

 

 

 第2講では、株式会社等の定款認証の方式の中で、平成30年11月30日から変更された点である「実質的支配者となるべき者」に関する申告についてご説明いただきました。

これは、暴力団及び国際テロリストが法人を設立し不正使用をすることを抑止しようという趣旨でスタートした制度です。

 

 実質的支配者となるべき者の認定手順については、条文を読んだだけではわかりにくい点もあるところ、具体例を示してわかりやすくご説明いただきました。

 

 

両先生にはお忙しい中ご講義いただきまして誠にありがとうございます。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM